本文へ移動

福 昭人のブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

少し多忙

2013-09-19
カテゴリ:日記
昨日は休日後のためか137名の外来診察を6時間かけて治療させていただいた。当院を受診していただいた患者さんには満足していただけたでしょうか。最長で50分待ちになりましたが、私のフアンの患者さんは文句も言わず申し訳ないなと常思うしだいである。
 今日は、消化器内視鏡検査担当で15件を昼過ぎまで介助してくれた看護師、助手には感謝している。
 4時15分からは会議があった。最近はじめた訪問看護事業の運営会議である。心のもちかた一つで逆風が順風になり、不満が満足に変わるものである。ひとえに、患者さんのために創意工夫をして自己の力を過信せずに患者さんの生の声を評価と受け止めて1日1mmでも進歩進化すべきで旨を議論した。
今後、当方の訪問看護事業はさらなる発展をとげると思うので、上記趣旨に賛同して一緒に働きたいと思われる方は、福外科病院にご連絡いただきたい。

やや筋肉痛

2013-09-17
カテゴリ:日記
昨日は、久しぶりにジムで15kmのジョギングをした。1000Kcal消費して体重を65,5kgまでコントロールしたが、あまりの空腹で昼食を食べすぎ。子供との約束で長女、次女、家内をつれて秋葉山の新しいプールへ行った。
広くてきれい、50mプールは最高で、私の通うジムのプールとはかなり違うように思えた。ジムのプールは高齢者が多く、混雑も大変なぐらいである。本日の手術は9時20分から15時に終了。別の入院患者の処置や家族への説明で1日は終了した。明日は1日が外来診察となるので、サウナで柔軟体操して体調を整えておこう。

糖尿病と認知症の勉強会

2013-09-15
カテゴリ:日記
糖尿病と認知症の勉強会に参加しました。認知症の原因の1つに糖尿病が考えられています。神経細胞に唯一栄養素となる糖質が供給されないためだそうです。特に高齢者の糖尿病治療は専門医だけでなく一般内科、外科の医師も治療することが多いので、注意が必要です。ヘモグロビンA1cだけでなく血糖の変動(グルコーススパイク)を少なくすることも大切なポイントです。9月13日に高血圧治療に関して口演と司会をする機会ががありました。血圧の管理も治療目標値がありますが、なるべく変動が少ないことが大切で、血糖管理と似ています。私の外来診察が総合診療のため多岐にわたり新しいことを勉強する必要があります。

仕事に対する心構え

2013-07-22
カテゴリ:日記
決められたことを決められた時間に行うことが大切です。そのためには、上司によく報告、連絡、相談して確認することが大切です。ただし、部下も上司を敬う心、言動に注意するなど必要ではないでしょうか。それを率先してもらいたいのはいわゆるベテランと言われる中間層でもあります。若年層は、中間層の言葉使いなども良く観ています。とマネージメントの本にも記載されたいました。当たり前のことと思いますが。

研究会に参加して、病院管理を勉強して

2013-07-21
カテゴリ:日記
1) LDLコレステロール、食後の中性脂肪のコントロールが、心臓血管系だけでなく日本人に多い脳血管障害のリスクになります。頚動脈エコーで中膜肥厚などで予測することもできます。糖尿病患者ではHbA!Cだけでなく血糖、とくに食後の血糖コントロールが大切です。採血は絶食してばかりするのではなく、食後2時間ぐらいで行うのも大切です。
2)病院運営で縁の下の力持ちは事務職です。特に其の部門の管理者で大きく将来がかわることがあります。自己の決めた仕事を確実にすることがもっとも大切です。この仕事には日本では国家資格は必要ないので、なんらかの職業能力を客観的に評価する仕組みが必要と思われます。とのことでした。一理あり。
1
5
8
6
3
6
医療法人福慈会 福外科病院
〒641-0021
和歌山県和歌山市和歌浦東
3丁目5-31
TEL.073-445-3101
FAX.073-445-4660
TOPへ戻る